文字サイズ

第9回日本下肢救済・足病学会 北海道地方会学術集会参加費

当日、参加受付にて下記の参加費を頂戴致します。

医師・企業コ・メディカル
学会正会員2,000円1,000円
学会非会員3,000円2,000円

第9回日本下肢救済・足病学会 北海道地方会学術集会プログラム

平成27年11月29日日曜日

14:10-15:10 理事会

今回は評議員を開催いたしません。

9:40-10:40 一般演題1

座長  小浦場 祥夫(さっぽろキズケア・アンチエイジング研究所)
    日野岡 蘭子(旭川医科大学病院)

1.創傷治療に向けて、栄養面から考察した一例

柴田 瞳(桑園中央病院)

2.フットケアチーム発足に向けた取り組みと現状

塚原 光美(市立函館病院)

3.予防的フットケアフローチャートの定着に向けた取り組み

清水 直人(旭川医科大学病院)

4.鼠径アプローチによる安静制限の変遷

瀬戸 聡(市立函館病院)

5.踵部に発生した難治性褥瘡に対しNPWTを施行した経験

佐竹 享子(桑園中央病院)

6.臨床工学技士からみるDEHPアレルギー透析患者の創傷治療

兵藤 嵩志(桑園中央病院 臨床工学部)

10:40-11:40 一般演題2

座長  野崎 洋一(北光記念病院)
    竹腰 健美(時計台記念病院)

7.地域連携により創治癒となった一例

佐藤 明代(市立札幌病院)

8.抗血小板剤、抗凝固剤併用で脳出血を来した症例~リスクマネジメントの観点からの考察~

日野岡 蘭子(旭川医科大学病院)

9.当科で下肢大切断を行った患者34名(43肢)の検討

坂本 泰輔(日鋼記念病院)

10.下肢動脈長区間複雑病変に対する一期的EVTにて救趾を得た1症例

中川 裕也(時計台記念病院)

11.重症虚血肢血行再建術後に下腿広範壊死性筋膜炎を来たし、長期創傷管理により救肢に至った一例

野崎 尋意(旭川医科大学)

12.とある循環器科医師によるフットケア外来

竹内 剛(市立千歳市民病院)

11:40-12:40 ワークショップ

「透析患者の足病変:フットケア普及のため」

司会  佐藤 勝彦(時計台記念病院)
    菅野 智美(北光記念病院/札幌フットケアサークル)

透析患者のフットケアの在り方―血行再建を行う立場から

古屋 敦宏(旭川医科大学病院)

救肢戦略 Penta-SWAT

松井 傑(桑園中央病院)

当院におけるフットケア専門外来の取り組み

仙石 真由美(函館五稜郭病院)

当院透析室におけるフットケア

佐竹 享子(桑園中央病院)

コメンテーター  大平 吉夫(日本フットケアサービス)

12:50-13:50 特別講演

司会  東 信良(旭川医科大学)

末梢循環障害に用いる装具の考え方~糖尿病足病変を中心に~

講師  大平 吉夫(日本フットケアサービス)

13:50-13:55 閉会挨拶

大浦 武彦(日本下肢救済・足病学会 理事長)

地方会事務局

〒060-0041
札幌市中央区大通東7丁目18-2
EAST7ビル7F
マイス株式会社 内
Tel:011-280-8008
Fax:011-280-4000
Mail:info@jfcpm.hkdo.jp